MS-Japan (6539)が株主優待の新設を発表!食品、電化製品、ギフト、旅行・体験等交換可能なへ株主優待ポイントがもらえる!

平成29年7月12日東証マザーズ上場MS-Japan (6539)が株主優待制度の新設を発表。

毎年9月30日及び3月31日現在の株主名簿で2単元(200株)以上保有の株主様を対象に、保有する株式数に応じて(年間)8,000~100,000 円分の株主優待ポイントを贈呈されます。

■株主優待制度

(1)権利確定日
毎年9月30日及び3月31日
(2)優待の内容
保有株式数に応じた株主優待ポイントを付与(1ポイント≒1円)
株主様限定の特設インターネット・サイト(MS-Japanプレミアム優待倶楽部)において、そのポイントと食品、電化製品、ギフト、旅行・体験等の中から自由に選択して交換可能。

保有株式数付与ポイント(年間)
200株以上8,000
300株以上12,000
400株以上18,000
500株以上25,000
600株以上35,000
700株以上45,000
800株以上50,000
2,000株以上60,000
4,000株以上80,000
10,000株以上100,000

※上記の付与ポイント年間の合計付与ポイントです。よって、9月30日及び3月31日それぞれの基準日における付与ポイント数は上記表の半分となります。
※ポイントは、次年度へ繰越すことができます。(ポイントは最大2年間有効)ただし、ポイントを繰り越す場合は、9月30日、3月31日現在の株主名簿に同一の株主番号で記載されている事が条件になります。

■MS-Japanの利回り

2017年7月12日時点

株価3,400円
配当利回り1.03%
優待利回り1.18%
総合利回り2.21%

※2単元(200株)を保有されている株主様の利回りです。

■コメント

MS-Japanは、昨年12月に新規上場したばかりの企業ですが、今年5月に立会外分売を行い、今回の優待新設なので、最短での東証1部への市場変更期待も高まりそうです。

利回りとしては、優待の対象が200株以上からということもありさほど高くありません。200株だと70万程度は必要になるので、株式分割を期待したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする